ISIDインターテクノロジー

MENU

NEWS

ニュース

自動テスト フレームワーク「AT45」~テスト自動化のさらなる効率化を実現~

トピックス
2010/10/19

ソフトウェア開発の現状と課題

ソフトウェア開発現場では現在、様々な課題を抱えております。

ソフトウェア開発量の増加

ソフトウェアのテストや検証が複雑化している

開発期間の短縮

納期を遵守するために十分な時間をテスト検証に当てられていない

バージョン管理の多様化

同じテストを複数バージョンに実施する必要があり、テスト負荷が増大

これらの課題を解決し、複雑化したテスト実施のパターンとバリエーションを短期間に、効率よく、確実に実施するためにはテスト自動化ツールの適用による効率的テスト実現が必須と考えております。
ただし、従来からあるテスト自動化ツールは技術習得に時間を要し、また特定技術者を常に配置しなければならず、昨今の開発事情(低コスト、短期間)では中々導入が進まないのが常です。当社はこの点に着目し自動テストをより簡単に実現させるため、スクリプト非依存型フレームワーク「AT45」の販売、提供を行ってまいります。

AT45の特徴

テスト自動化ツールの知識が不要

テストケースをExcel(データシート)に記入、実行するため、従来のテストツールに使用されているプログラム言語(テストスクリプト)の記述が不要となります。(テスト実行時テストスクリプトを自動生成)

メンテナンスが容易

テストスクリプトが不要のため、アプリケーションの変更時にはExcelの記入を修正するのみで再テストが可能となります。

テストツールのライセンス数が少数で可能

従来のテストツールでは、記録、修正、テストを実行する端末すべてにライセンスが必要であるが、テスト実行端末にのみテストツールとAT45を導入するだけで自動テスト実行が可能となります。

テスト結果(エビデンス)の自動取得

テスト結果として画面ハードコピーを保存するには、データシートに指定をするだけで自動的に画像ファイルが保存されブラウザで確認することが可能となります。

バッチファイルの呼び出し

自動テスト実行時にバッチファイルの呼び出しが可能です。
様々なバッチファイルを組み合わせることにより、データベースダンプや期待値との比較など自動化することも可能となります。

※本リリースに記載された会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

株式会社ISIDインターテクノロジー

〒108-0075 東京都港区港南2-17-1

お電話でのお問い合わせ

03-6713-5111